HOME > むち打ち症について

むち打ち症について

交通事故によるむち打ち症の症状


そもそもむち打ち症とはどんな症状??

交通事故による外傷は主に

・打ち身
・捻挫
・骨折
・頭部外傷などがあります。

その中で、もっとも代表的な症状が「むち打ち症」です。「むち打ち症」とは、正式な診断名ではなく俗称です。

正式名称は「外傷性頚部症候群」と言います。
軽いものでは「頚部捻挫」という診断名です。

交通事故にあった衝突時、首が前後にムチのようにしなる事から「むち打ち症」と言われるようになりました。

「むち打ち症」では頭や首に強い衝撃が加わると、首の筋肉だけでなく、首から骨盤にかけての筋肉が大きく損傷します。
その中で損傷し、特に治りきらないのが多裂筋(たれつきん)という筋肉です(図参照)。

この筋肉は身体の中心、背骨の横にあるとても重要な筋肉で首から骨盤まで繋がっています。

またこの筋肉は脊髄からの神経と隣接しており、自律神経にも大きな役割を担っていることから、各種自律神経の障害にも繋がります。

当院ではこの多裂筋にしっかりと刺激を入れることによって、痛みを取り去るのはもちろんのこと、
首、肩、背中、腰臀部のこりや、耳鳴り・頭痛・めまい・吐き気・食欲不振などの不定愁訴や自律神経症状も改善していくことが出来ます。