HOME > 補償・慰謝料・治療費

補償・慰謝料・治療費

交通事故治療の治療費について

一部の特殊なケースを除き治療費に関して患者様負担は0円です。 特殊なケースとは以下を指します。
100%被害者の責任で発生した事故(無責事故)については、相手車両の自賠責保険金(共済金)の支払対象になりません。
具体的には以下のようなケースが当てはまります。

  • 被害車両が、センターラインをオーバーしたことによる事故の場合
  • 被害車両が赤信号無視したことによる事故の場合
  • 追突した側が被害車両の場合

当院では交通事故治療で診療に通われた、ほとんどの患者様が治癒しておりますが、もしものときは後遺障害認定をサポートする行政書士を紹介することも出来ます。お困りの方はお気軽にご相談下さい。

交通事故の慰謝料について

交通事故の慰謝料について 交通事故の被害者に対する、精神的苦痛の損害ととらえ、それを金銭によって癒す賠償のことを指します。
交通事故の治療で、自賠責保険や任意保険を利用して通院した場合には、治療関係費、文書料、休業損害および慰謝料が支払われるので、患者様の負担(治療費)はありません。
また、轢き逃げに遭われたり相手側が保険未加入の場合でも、特別な補償制度もございます。
複雑なケースの場合、自分で解決しようとせずに専門家へ相談する事をおすすめします。

交通事故の補償(慰謝料含む)の限度額と種類

傷害による損害

被害者1名につき、1日4,200円、最大120万円
傷害による損害は、治療関係費、文書料、休業損害および慰謝料が支払われます。

後遺障害による損害

被害者1名につき、最大4,000万円 (要常時介護 第1級) 後遺障害による損害は、障害の程度に応じて逸失利益および慰謝料等が支払われます。

死亡による損害

被害者1名につき、最大3,000万円
死亡による損害は、葬儀費、逸失利益、被害者および遺族の慰謝料が支払われます。